スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブログ

無料ブログの常時SSL化はどうなっているの!?

2018年7月24日

シェア
  • 2018年11月30日
    少し追記、修正しました。
  • 2018年7月25日
    『無料ドメインのSSL対応』『注意事項』を追記しました。

今月(2018年7月)にGoogleブラウザ『Chrome』の仕様変更に伴い個人サイトでも常時SSL化(HTTPS化)が求められています。

 
私のサイトも先日常時SSL化しました。
私はロリポップを使用しています。ロリポップでは『独自SSL』があります。
独自SSLをするには『独自ドメイン』が必要になります。私は独自ドメインを使っているので独自SSLが利用できました。

そこで疑問。

 

結耶
無料ブログとか無料ドメインの常時SSL化ってどうなっているんだろう

 
無料ブログなどを使っている方で常時SSL(HTTPS)化を気にしている方もいるでしょう。
なので調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 
 

無料ブログサービスでの常時SSL化

無料ブログサービスの常時SSL化の対応はまちまちのようです。
 

SSL対応済無料ブログ
  • アメーバブログ
  • FCブログ
  • エキサイトブログ
  • Blogger
  • 楽天ブログ
  • Yahoo!ブログ

 
無料ブログサービスはたくさんあるのでなかなか確認ができませんが…

上記7つはすでに常時SSL対応されているようです。
※FC2ブログは常時SSLの設定を自分で行う必要があるようです。

その他の無料ブログサービス、はてなブログ・livedoorブログ・Seesaaブログではまだ常時SSL対応になっていないようです。

 
 

 
2018年7月25日 追記

無料ドメインでのSSL対応

有料サーバーなどで独自ドメインではなく無料ドメインを使用している人も多いと思います。
お使いのレンタルサービスやプランによって違いますが、独自ドメインを使用して場合は独自SSLなどがオプションとして用意されていることがあります。

独自ドメイン以外の無料ドメインでも『共有SSL』などがあるようです。
無料ドメインをお使いの方で常時SSL化を考えている方はお使いのレンタルサービスにて確認してください。

 

ロリポップの場合

ロリポップでは『共有SSL』が用意されています。
※エコノミープランの方は共有SSLを使用できません。使用する場合はプランの変更が必要です。

『共有SSL』を使用する場合、申し込みが必要です。
ロリポップの『共有SSL』については下記をご覧下さい。

 
独自ドメインを使用している方は『独自SSL』が使用できます。

 

スポンサーリンク

 
 

注意事項

『独自SSL』『共有SSL』どちらの場合がありでも常時SSL化をするとURLが変わります!

そのままにするとHTTP(SSL化していないサイト)とHTTPS(SSL化したサイト)とふたつのサイトがネット上に存在することになります。
なので必ず301リダイレクトをしてください!

※無料ブログサービスでは301リダイレクトができないところがほとんどです。

 

URLが変わる

具体的に常時SSLでのURLの違いを私の場合で説明します。

ロリポップ:独自SSLの場合

  《変更前》http://kirari-yums.net
  《変更後》https://kirari-yums.net

 

ロリポップ:共有SSLの場合

  《変更前》http://crescent-m.moo.jp
  《変更後》https://moo-crescent-m.ssl-lolipop.jp

 
独自ドメインの場合は『http://』が『https://』に変わります。
共有SSLはhttp://からhttps://になるのはもちろんですが、そのあと『あなたのアカウント.ssi-lolipop.jp』となります。
※管理画面でURLは確認出来ますので確認してください。

 

その他のレンタルサービス

その他のレンタルサービスでも常時SSL化をすればURLは変わります。常時SSL化後のURLはお使いのレンタルサービスで確認してください。

 

常時SSL化したら301リダイレクトを忘れずに!

301リダイレクトはURLを転造させるものです。
301リダイレクトをしておけば『HTTPアドレス』を常時SSL化した『httpsアドレス』へと転送させることができます。

※301リダイレクトは無料ブログサービスではできないところがほとんどです。

 

301リダイレクトの方法

301リダイレクトの設定方法については下記リンクを参考にしてください。

 

常時SSL後にもやることがある!

常時SSL化をすると内部リンクや画像が表示されないなどの影響が出ることがありますが
またアフィリエイトなどのURLを登録しているようなサービスでSSL対応されていないとサービスが利用できなくなることもありようです。
特にアフィリエイトをしている方はSSL対応されていないアフィリエイトサービスを利用していると収益が入ってこないこともありますので注意してください。

 
 

最後に

無料ブログサービスなど数多くなかなか確認が出来ていません。
常時SSL対応についてはお使いのサービスで確認してください。

GoogleのChromeでの常時SSL非対応(HTTP)の警告が開始されます。
今後常時SSL対応されていない無料ブログサービスでも常時SSL化されていくとは思います。

今、ブログを始めようと思っている方、移転を考えている方、これからは常時SSL化の有無はブログ運営で必須条件となりそうですので、サーバーを選ぶ際は常時SSL対応されているかチェックしておくといいと思います。

また無料ブログサービスでの常時SSL対応について新たな情報が入りましたら追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

フォロー

 

応援よろしくお願いします。
      ブログランキング・にほんブログ村へ
   Blog People
お問い合わせはこちら

 

おすすめ

おすすめ

       
シェア

-ブログ

Scroll Up

Copyright© きらり☆彡 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.