商品リンク管理プラグイン『Rinker』 Amazonの商品検索ができない?

2019年4月13日

 
私は商品リンク管理プラグイン『Rinker』を使っています。

 
RinkerはAmazon、らくてんい、Yahoo!ショッピングなどの商品リンクを作成・管理できるプラグインです。

 
またASPの『もしもアフィリエイト』を利用すると、Amazon、楽天市場、¥Yahoo!ショッピングでの収益をまとめることができるので使っていたのですが…。

先日いつものようにRinkerで商品リンクを作ろうとしたらAmazonの商品検索ができなくなっていました!

ということで今回は商品リンク管理プラグイン『Rinker』でなぜAmazonの商品検索ができなくなったのかを書いていこうと思います。

 
商品リンク管理プラグイン Rinker

表示されるエラー

RinkerでAmazonの商品検索をするとこんなエラーがでます。

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled

このようなエラーが表示され検索できません(T-T)
楽天市場の商品検索は普通に使えます。Amazonの商品検索だけができないんです!

きらり

きらり

なんで?結耶いっぱい商品リンク作ったの?
結耶

結耶

作ってないよ!むしろあんまり使ってない(^^;

 
よく意味がわからず調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

エラーの原因

以前からたびたびこのようなエラーがでたりしていたどうですが、それは一時的なものです。
ですが私の場合は一時的なものではないようです。

では何が原因なんでしょう?

Product Advertising API 利用ポリシーの変更

見出しを見て「いきなりなに?」と思った人もいるでしょう。
ですが、このエラーの原因はこの「Product Advertising API 利用ポリシーの変更」によるものみたいなんです。

2019年1月23日にProduct Advertising API 利用ポリシーが変更されています。

このProduct Advertising API 利用ポリシーが変更でPA-API経由で過去30日以内に売上が発生していないとPA-APIが利用できないんですということになったんです。

 

PA-APIとは

そもそも「PA-APIってなんなの?」と思っている人もいると思います。

PA-API(Product Advertising API)とは、Amazonの商品データを取得(アクセス)できるようにするサービスです。

商品リンク管理プラグイン『Rinker』はこのPA-APIを使って商品検索・取得をしているんです。

きらり

きらり

じゃあ、RinkerからAmazonの商品を買ってもらえればまた使えるようになるってこと?
結耶

結耶

そういうことになるんだけどね~。でもRinkerで「もしもアフィリエイト」経由にしていると利用できなくなる可能性もある(^^;

 

PA-APIがつかないとできなくなること

PA-APIが利用できないとRinkerでは以下のことができなくなります。

  1. 商品検索・取得
  2. 価格の表示
  3. リンク切れのチェック

※開発者様がPA-APIが使えなくなったときの対応策をされています。今後の対応、最新情報は公式サイトや開発者様のTwitterでチェックしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

PA-API経由の売上

RinkerでAmazonの商品検索ができなくなった理由は過去30日以内にPA-API経由の売上がないからです。

いい方を変えれば「30日以内にPA-API経由でAmazonアソシエイトに売上がないといけない」ということになるんです。

Rinkerは「もしもアフィリエイト」経由でAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの商品を購入してもらい報酬をもしもアフィリエイトでまとめることができます。
ですが、もしもアフィリエイト」経由でAmazonの商品を購入してもAmazonアソシエイトの売上にはならないんです。

 

Rinkerの設定をPA-API経由に変える

場所 設定  Rinker設定

以下の3箇所を変更してください。

  1. 再取得しないにチェックをいれる
  2. Amazonのリンク先を「商品詳細ページ」にする
    「検索ページ」にしてもPA-API経由の売上にはならないそうです。
  3. もしもアフィリエイトの優先ショップのAmazonのチェックを外す

 
これで作成した商品リンクはPA-API経由になり、売上が発生すればPA-APIが使えるようになる可能性があります。
ただし、また30日以上売上が発生しなければPA-APIは利用できなくなります。

きらり

きらり

ということは…Rinkerのメリットの1つであるもしもアフィリエイトで収益をまとめることができなくなる?
結耶

結耶

そういうことになるんだろうね。
売上の金額によってリクエスト回数が決まるみたいだしね。;

 

リクエスト回数

「Product Advertising API 利用ポリシーの変更」にはリクエスト回数についても書かれています。

「リクエスト回数」とは、PA-APIを利用できる回数のことで、過去30日以内の売上約5円で1リクエスト追加されます。

つまり、過去30日以内に500円の売上があれば1日あたりのリクエスト回数は100回になるというわけです。

Rinkerは商品検索と24時間ごとに商品データの再取得のためにPA-APIを利用しています。
商品データの再取得は商品ごとにされるので、Rinkerで1日のPA-APIを利用する回数は商品検索回数+商品数となります。

きらり

きらり

そうすると~1日あたりに利用できるリクエスト回数よりRinkerからのリクエスト数が多ければ使えなくなる?
結耶

結耶

そういうことになるね。よっぽどのことがない限り超えることはないとは思うけど…売上は人によって違うしね。

 

 

PA-APIが使えないとき

きらり

きらり

で?使えるようになる見込みがない結耶はどうするの?
結耶

結耶

そうね~まあ、Rinker自体が使えなくなるわけでもないし。収益が入らなくなる訳でもないからね。
不便ではあるけどやっぱりAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの収益をまとめられるのは便利だからね。このまま使いますw

 
PA-APIが使えなくなってもAmazonアソシエイトアカウントが使えなくなる訳でもありませんし、PA-API経由での売上にならなくてもRinkerから商品を購入してもらえれば収益になります。

Amazonの商品検索ができなくても楽天市場での商品検索ができるので私はこれからも使っていくことにします。

 

 

最後に

AmazonのPA-APIの利用ポリシーの変更によりちょっと使いづらくなってしまいましたが、それでもやっぱりRinkerは使いやすくて便利なプラグインです。

今「Rinkerを使ってみよう」とお考えの方は上記のことにご注意ください。

また、PA-APIが使えるようになるいい方法などは今後もできるだけ調査してみたいと思います。

関連記事

 

スポンサーリンク

 

応援よろしくお願いします。
      ブログランキング・にほんブログ村へ
   Blog People
お問い合わせはこちら
この記事を書いた人

結耶(ゆうや)

2017年9月からブログ、アフィリエイトをはじめた駆け出しです。ブログやWordPress、アフィリエイトを勉強しています!
多発性硬化症(MS)という難病と闘っています。