スポンサーリンク

プラグインを使ってXMLサイトマップを作ってみよう!

2019年11月24日

プラグインを使ってXMLサイトマップを使ってみよう!
結耶
結耶

きらりくん。前回「サイトマップ」について話したけどちゃんと覚えてる?

きらり
きらり

覚えてるよ!サイトマップは検索エンジンや訪問者サイトをわかりやすく伝えるもので、HTMLが訪問者用でXMLが検索エンジン用だとね。

結耶
結耶

そうそう。今日はプラグインを使ってXMLサイトマップを作ってみよう!

XMLサイトマップは自分で作ろうと思えば作ることはできます。ですが、XMLサイトマップを作るには細かいルールがあり、きちんと書かないと効果がありません。また新しくページが増えればXMLサイトマップも更新しなくてはならないため自分で作るのは非常に大変なのでXMLサイトマップの作成にはプラグインを使った方が安心だと思います。

そこで今回はプラグインを使ってXMLサイトマップを作る方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、XMLサイトマップを自動で作成してくれるWordPressのプラグインです。

インストール

Google XML Sitemaps

インストール手順

1 WordPress管理画面から[プラグイン][新規追加]
2Google XML Sitemaps』を検索
3 [今すぐインストール]して[有効化]

設定

場所設定 XML-Sitemap
結耶
結耶

設定をしていきます。項目が多いですがチェックする箇所を説明します。

基本的な設定

  1. Notify Google about updates of your site
    ⇒ サイトの更新をGoogleに通知
  2. Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
    ⇒ サイトの更新をBingに通知
  3. サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
    ⇒ 検索エンジンにサイトマップのURLを追加
  4. Try to automatically compress the sitemap if the
    ⇒ サイトマップを圧縮
  5. XSLT スタイルシートを含める
    ⇒ XMLサイトマップをXSLT(スタイルシート)に変換できるようにするかという設定。「デフォルト設定を使用」にチェック
  6. HTML形式でのサイトマップを含める
    ⇒ 「人が見てわかるようにHTML形式を含めるか」という設定なので問題がなければチェック

Additional Pages

任意のページをサイトマップに追加したい場合、追加したいページのURLをこちらに設定します。
⇒ 特に設定は必要ないのでそのままでOKです。

投稿の優先順位

投稿ページの優先順位の計算方法を設定します。
優先順位に関しては後で細かい設定ができるので、ここでは「優先順位を自動で計算しない」にチェックを入れてください。

Sitemap コンテンツ

サイトマップにどこまでのページを含めるかを決めます。検索エンジンにインデックスしてほしいページを選択します。

チェック項目

  • ホームページ
  • 投稿 (個別記事) を含める
  • 最終更新時刻を含める

上の3つにはチェックを入れておきましょう。

結耶
結耶

「固定ページ」はお問い合わせやプロフィールなど特にインデックスの必要なければチェックは不要です。(「カテゴリー」も)

Excluded Items

サイトマップに入れない「カテゴリー」と「投稿ページ」を個別に指定します。

サイトマップに入れない「投稿ページ」は投稿IDを入力。複数ある場合は「 , (カンマ)」で区切って指定してください。

Change Frequencies

この設定は巡回頻度の設定になります。

結耶
結耶

検索エンジンのクローラーに「〇〇くらいのペースで見てね」という命令ですが、クローラーはこの設定を考慮しますが絶対的なものではありません。あくまでこちらの希望といった感じですね(^^;

優先順位の設定 (priority)

優先順位の細かい設定です。

結耶
結耶

これで設定は終わりです。最後に変更を保存を押して設定を保存してください。

きらり
きらり

これで終わりなんだね!

結耶
結耶

はい。終わりです。この設定を元にXMLサイトマップが作成されます。

サイトマップのURL

作成されたサイトマップのURLは設定画面の上部に書いてあります。

スポンサーリンク

Jetpack

プラグイン『Jetpack』を使ってXML サイトマップを作る方法をご紹介します。

 注意!他のXMLサイトマップ作成プラグインを使っている場合、Jetpackのサイトマップ作成機能をオンにしてもJetpackの機能は自動的に停止されます。
Jetpackのサイトマップ作成機能を使う場合は他のプラグインは停止させてください。

プラグイン Jetpackのインストール、導入方法は以下を参考にしてください。

Jetpackでサイトマップの作成

WordPress管理画面から[Jetpack]⇒[設定]⇒[トラフィック]と進みます。

少し下にスクロールすると「サイトマップ」という項目があるので、「あれば」えおオンにします。

きらり
きらり

もしかして…これで終わり?

結耶
結耶

うん。オンにするだけで設定は自動で保存されすしね。あと下にサイトマップのURLが表示されます。

Jetpackで作成されるサイトマップは2種類です。
上に表示されている sitemap.xml を使用します。

サイトマップを作成したら

XMLサイトマップを作ったらGoogleのSearch Consoleにサイトマップを送信した方がいいのですが… GoogleのSearch Console への送信方法は以下の記事を参考にしてください。

最後に

今回はプラグイン『Google XML Sitemaps』と『Jetpack』でのXMLサイトマップの作り方をご紹介しました。

JetpackはGoogle XML Sitemapsに比べ簡単に作成できますが、細かい設定は出来ません。
XMLサイトマップはSEO対策には重要なものです。また自力で作るのは非常に大変ですのでぜひプラグインを使って作成してください。

スポンサーリンク
応援よろしくお願いします。
      ブログランキング・にほんブログ村へ
   Blog People
お問い合わせはこちら
この記事を書いた人

結耶(ゆうや)

2017年9月からブログ、アフィリエイトを知識ゼロから始めたまだまだ駆け出しです。ブログやWordPress、アフィリエイトを勉強しています!
多発性硬化症(MS)という難病と闘っています。