スポンサーリンク

JetpackのコンタクトフォームにreCAPTCHAを使ってスパム対策

便利なプラグイン

当サイトのコンタクトフォーム(お問い合わせ)はJetpackのコンタクトフォーム機能を利用しています。コンタクトフォームやコメントを利用していると困るのがスパム(迷惑メール)です。

もちろんスパム対策としてAkismet Anti Spamプラグインを使用しているので、スパムはブロックされています。しかし最近少しづつスパムの数が増えてきたのでJetpackのコンタクトフォームにreCAPTCHAを導入することにしました。

きらり
きらり

reCAPTCHA」?また聞きなれない言葉が出てきたね。

結耶
結耶

「reCAPTCHA(りキャプチャ)」ね。言葉は聞き慣れないかもしれないけどみんなどこかで見たことあるものだよ。

今回の記事では「JetpackのコンタクトフォームにreCAPTCHAを設置してスパム対策」に着いて書きたいと思います。

スポンサーリンク

reCAPTCHAとは

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。

引用:Wikipedia 「reCAPTCHA」

上記の説明をみてもよく分からないと思います。

これが当サイトのコンタクトフォームに導入したreCAPTCHAです。これみたことありますよね。

reCAPTCHAとは画像認証のことで、コンタクトフォームから届くスパムを防ぐことができます。

きらり
きらり

あ~これね!みたことあるよ!

結耶
結耶

このreCAPTCHAをJetpackのコンタクトフォームに設置する方法を書いていくね。

設置する前の準備

コンタクトフォームにreCAPTCHAを設置するためにGoogle reCAPTCHAを使うのでまずはGoogle reCAPTCHAの登録をします。

Google reCAPTCHA

Google reCAPTCHA

まずはGoogle reCAPTCHAに移動し、右上のAdmin ConsoleをクリックしてGoogleアカウントでログインしてください。

ログインすると以下のような入力画面が表示されますので、必要な項目を入力します。

1ラベル

ラベル名を入力してください。(例:コンタクトフォーム)

2reCAPTCHAタイプ

「reCAPTCHA v2」にチェックを入れてください。

4ドメイン

reCAPTCHAを設置するサイトのドメインを入力(複数登録可)。

2規約に同意

「reCAPTCHA利用規約に同意します」にチェックを入れてください。

入力が完了したら下の送信ボタンをクリックしてください。

送信ボタンをクリックすると「サイトキー」と「シークレットキー」が表示されます。
この「サイトキー」と「シークレットキー」は後ほど使うのでどこかにコピペしておいて下さい。

結耶
結耶

次はJetpackのコンタクトフォームに設置していきます。設置にはプラグインを使用します。

スポンサーリンク

プラグイン reCAPTCHA Jetpack

JetpackのコンタクトフォームにreCAPTCHAを設置するためにプラグイン「reCAPTCHA Jetpack」を使用します。

このプラグインは3年以上更新されていませんがちゃんと動作しています。

インストール

reCAPTCHA Jetpack

インストール方法

  1. WordPress管理画面から[プラグイン][新規追加]
  2. reCAPTCHA Jetpack』を検索
  3. [今すぐインストール]して[有効化]する

設定

場所[設定][reCAPTCHA Jetpack]

設定画面を開いて先ほどGoogle reCAPTCHAで取得した「サイトキー」と「シークレットキー」を入力します。

「Recaptcha Type」が「reCAPTCHA v2」になっていることを確認して下のSave Changesをクリックして保存してください。

結耶
結耶

これでJetpackのコンタクトフォームにreCAPTCHAを設置完了です。

すでにJetpackでコンタクトフォームを作成してある場合、これで送信ボタンの上にreCAPTCHAが追加されているので確認をしてください。

関連記事

Jetpackについては以下の記事を参考にしてください。

最後に

今回はスパム対策にJetpackのコンタクトフォームにreCAPTCHAを設置する方法について書きました。コンタクトフォームのスパム対策方法はいろいろありますが、reCAPTCHAは効果が大きいようなので今回導入してみました。

当サイトではJetpackのコンタクトフォームを使用しているためJetpackのコンタクトフォームへの設置方法を書きましたが、WordPressのコンタクトフォームといえば「Contact Form7」が有名です。もちろんContact Form7でもreCAPTCHAを設置できます。

またreCAPTCHAはコンタクトフォーム以外の場所でも設置可能なので「誰かに狙われてるかも!?」と心配な方は導入してみてください。

きらり
きらり

ボクも海外からのスパムが多いからやってみよう!

結耶
結耶

(犬の世界でも海外からのスパムが届くのね!w)

スポンサーリンク

応援よろしくお願いします。
      ブログランキング・にほんブログ村へ

お問い合わせはこちら
この記事を書いた人

結耶(ゆうや)

2017年9月からブログを始め、2018年1月にWordPressに変更しました。知識ゼロのから始めた超初心者で、WordPressやHTML、CSSなど勉強したことを書いています。
愛知県在住。多発性硬化症(MS)という難病と闘っています。

登場キャラクター
きらり
きらり

ある日ひょっこり現れ住みついた居候(いそうろう)。今は結耶と一緒にWordPressやアフィリエイトのことを勉強している。
性別は♂ 。どこから来たかは不明。