スポンサーリンク

スポンサーリンク

WordPress

【WordPress】バックアップをとるにはどうすればいい!?

シェア

データが飛んだ!テーマのカスタマイズなどする際にテーマファイルのバックアップが必要です。
「カスタマイズでテーマファイルをいじったらブログが表示されなくなった!」「レイアウトが崩れた!」ということがあります。

そんな万が一のときにバックアップをとっておけばいつでも元の状態に戻すことができます。

また、「サーバーに何らかのトラブルが発生してサイトが消えてしまう」なんてこともあるかもしれません。

そこで今回はWordPressのバックアップについて書きたいと思います。

 

 

 

カスタマイズ時のテーマファイルのバックアップ

テーマをカスタマイズをする場合、style.cssやPHPファイルをいじることがあります。
ファイルをいじるとブログが表示されなくなったりするかもしれません。
そんな万が一のときの場合に備えファイルをいじる場合はバックアップをとることをオススメします。

 

バックアップをとる前に

テーマファイルのバックアップにはFTPツールを使います。

FTPツールって?
  • FTPツールは、サーバー上にあるデータ(ファイル)をダウンロードしたり、パソコンからサーバーにアップロードしたりできるツールです。

 

きらり
FTPツールって必要なの!?
結耶
あった方がいいとは思うよ。FTPツールを使わないとできないこともあるしね!

 
ファイルのバックアップもですが、その他にもFTPツールを使わないとできないこともあります。
なのでFTPツールをインストールしておいた方がいいと思います。

FTPツールについては無料で使えるものがいろいろあります。

参考

 

テーマファイルのバックアップ方法

FTPツールを使ってテーマファイルをサーバーからパソコンにコピーします。

1 FTPツールでサーバーにアクセスします。

2 テーマファイルは wp-content themesの中にあります。

サーバー
wp-content
    ├ plugins
    ├ uploads
    └ themes
        ├ テーマフォルダ1
        └ テーマフォルダ2
            ├ style.css
            ├ function.php
            ├ single.php

※一部抜粋

 
※『 テーマフォルダ1』『 テーマフォルダ2』はインストールされている「テーマ名」となります。

例えば、『KIRARI』というテーマを使っている場合は『 kirari』、子テーマの場合は『kirari-child』となります。

3 テーマフォルダの中から使用するファイルをコピーしてパソコンに入れてください。

FTPの基本的な使い方でいえば、画面左側がパソコン、右側がサーバーとなるので、対象ファイルを右から左にドラッグアンドドロップすればコピーできます。

心配ならテーマフォルダごとコピー

心配ならテーマフォルダごとコピーしましょう。
他にもテーマフォルダの中にはPHPファイルなどが入っていますので心配ならテーマフォルダごとコピーしてください。

データフォルダごとコピーすればテーマのバックアップにもなります。

 

データの復元

データ(ファイル)を元に戻す場合は、FTPツールでバックアップ(コピー)したファイルをサーバー側に移動(ドラッグアンドドロップ)してファイルを上書きすれば元に戻すことができます。

 

スポンサーリンク

 

 

画像、プラグインのバックアップ

画像、プラグインのバックアップはFTPツールでできます。

 

画像のバックアップ

wp-content uploadsの中にはアップロードした画像などが入っています。

なので uploads フォルダをFTPツールでコピーしてください。

 

プラグインのバックアップ

wp-content plugins の中にはインストールしたプラグインが入っています。

なので plugins フォルダごとFTPツールでコピーしてください。

 

 

WordPress(全体)のバックアップ

WordPress

 
サーバーに何らかのトラブルが発生してブログが消えてしまうかもしれません。

WordPressが消えてしまったら、元の状態に戻すのは非常に困難です。
そのためにもWordPress(全体)のバックアップはしておいた方がいいと思います。

また、サーバーを引っ越す場合にもバックアップデータを使えばブログを簡単に復元することもできます。

 

バックアップはサーバーデータとデータベース

サーバーデータは「プラグイン」「画像」「テーマ」などで、データベースは記事の内容や公開日、カテゴリー情報などが入っています。

サーバーデータ
wp-content
  ├ plugins(プラグイン)
  ├ uploads(画像)
  └ themes(テーマ)
データベース
記事の内容や公開日、カテゴリー情報など

 
サーバーデータとデータベースのバックアップをとればほぼサイトを復活できます。

きらり
バックアップなんだか大変そうだね!
結耶
サーバーデータはFTPツールでバックアップとれるけど、データベースはレンタルサーバー会社のデータベースにアクセスしないとダメみたいだしね(^-^;

 

レンタルサーバー会社でバックアップ

レンタルサーバー会社で定期的に自動でWordPressのバックアップをしてくれるサービスがあります。

レンタルサーバー会社でバックアップをしていれば万が一のとき、レンタルサーバー会社に連絡すればサイトを復活できます。

ただし、バックアップサービスはお使いのレンタルサーバー会社によっては無料だったり、有料オプションだったりします。
バックアップサービスについてはお使いのレンタルサーバー会社で確認してください。

※私が使用している『ロリポップ』はバックアップ機能は有料オプションで別途申し込みが必要です。

手動でバックアップもできる

レンタルサーバー会社では自動バックアップは有料オプションだったりしますが、有料オプションに申し込まなくても『手動』でのバックアップはできるようです。

参考

 

プラグイン『BackWPup』を使ってバックアップ


BackWPup 公式ページ

 
プラグイン『BackWPup』を使えば定期的に自動でバックアップをとることができます。

自分(手動)でバックアップをとるのは不安という方はこの『BackWPup』を使うと楽です。

参考

 

 

バックアップデータを保存するときにあるといい!?

 
バックアップデータをパソコンに保存するのに「データが大きいな」と思ったら外付けHDDなどを利用するといいと思います。

 

 

最後に

トラブルはいつ起こるかわかりません。
せっかく書いた記事や苦労してしたカスタマイズのデータが消えてしまってからでは復活はほぼ不可能です。

万が一のために備えてバックアップは定期的に行っておいたほうがいいですよね!?

レンタルサーバー会社にもバックアップサービスはありますが、自分でしっかりデータを守りましょう。

 

スポンサーリンク

 

フォロー

 

応援よろしくお願いします。
      ブログランキング・にほんブログ村へ
   Blog People
お問い合わせはこちら

 

おすすめ

おすすめ

       
シェア

-WordPress

Scroll Up

Copyright© きらり☆彡 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.