スポンサーリンク

公開済みの記事を公開したまま下書き保存できるプラグイン

便利なプラグイン

公開済みの記事を書き直ししたりしたときに一時的に保存したいときがありますよね。

ですがWordPressでは公開済みの記事を編集中に「下書き保存」を押すと公開していた記事は下書き状態になってしまい公開したまま保存できません。

公開済みの記事を公開したまま編集一時的に保存出来れば便利ですよね。今回は公開したまま下書き保存できるプラグインを紹介します。

結耶

私も使っていますが、非常に便利なプラグインで大変重宝しています♪

スポンサーリンク

Yoast Duplicate Post

「Yoast Duplicate Post」プラグインは投稿・固定ページ・カスタム投稿を「複製」できるプラグインで、「書き換え&再公開」という機能があるので公開済みの記事を編集するのに大変役に立つプラグインです。

インストール

Yoast Duplicate Post

インストール方法

  1. WordPress管理画面から[プラグイン]→[新規追加]
  2. Yoast Duplicate Post』と入力して検索
  3. [今すぐインストール]をクリック。インストール後[有効化]する

※見つからない場合はプラグインページ(下記リンク)よりファイルをダウンロードしてアップロードしてください。アップロード方法はこちら

見出しプラグインを有効化すると

プラグインを有効化すると画面上部に以下のようなメッセージが表示されます。

これはYoast Duplicate Postのニュースレター購読を申し込むものです。購読を希望しなくても問題ありませんので、必要なければ右上の×をクリックして閉じてください。

スポンサーリンク

設定

WordPress管理画面左のメニューから[設定]→[Duplicate Post]と進んでください。

設定は複製元 権限 表示 の3つがあります。設定するには上部にあるタブを切り替えてください。

複製元

ここはデフォルトのままでいいと思います。

ただ複製元と複製した記事を区別したい場合は、「タイトル接頭辞」(赤枠)に「コピー」などと入力してください。(「タイトル接頭辞」に入力した文字が複製された記事タイトルに付きます)

権限

権限の設定は個人で運営している場合はデフォルトのままでいいと思います。

表示

表示の設定ではプラグインを使うためのリンクをどこに表示するかを設定します。

「リンクを表示」は表示するリンク(ボタン)で、このリンクを表示させたい場所を下の「リンクを表示する場所」で設定します。

例えば投稿一覧にリンクを表示した場合は下のように表示されます。

編集画面にリンクを表示した場合は下のようになります。

※「Copy to anew draft」は「新規下書き」、「Rewri & Republish」は「書き換え & 再公開」

結耶

みなさんが使いやすい場所に設定してください。

きらり

ボクは「投稿一覧」と「編集画面」くらいかなぁw

使い方

使い方は上の設定の「表示」で設定した場所にあるリンクをクリックするだけです。

リンクについては以下の通りです。

  • 複製
    記事を複製する
  • 新規下書き
    記事を複製して記事編集画面に切り替わります。(記事は下書き保存されます。)
  • 書き換え & 再公開
    記事を複製して記事編集画面に移動します。記事は下書き保存され編集途中で下書き保存可能、また記事を公開すると複製元の生地が書き換わります。

使用するときは目的にあったリンクをクリックしてください。

きらり

「複製」はほとんど使わない気がする~。

結耶

そうだね。おそらく「書き換え & 再公開」くらいしか使わないかもね。
それでも重宝すると思うよ~。

スポンサーリンク

WP 投稿ブランチ (WP Branches For Posts)

「WP 投稿ブランチ」は記事のブランチを作成できるプラグインです。簡単にいえば記事の複製を作ることができるプラグインです。

結耶

上で紹介した「Yoast Duplicate Post」の「書き換え & 再公開」と同じ機能のプラグインです。

インストール

WP Branches For Posts

インストール方法

  1. WordPress管理画面から[プラグイン]→[新規追加]
  2. WP Branches For Posts』と入力して検索
  3. [今すぐインストール]をクリック。インストール後[有効化]する

※見つからない場合はプラグインページ(下記リンク)よりファイルをダウンロードしてアップロードしてください。アップロード方法はこちら

設定

「WP 投稿ブランチ」には設定はありません。インストール後すぐに使えます。

使い方

投稿・固定ページの一覧で各記事の下に「Create Branch」というリンクがありますのでクリックしてください。

クリックすると記事が複製され記事編集画面に移動しますので記事の編集をしてください。記事は下書き保存され編集途中で下書き保存することができます。

編集後記事を公開すれば複製元の記事が書き換えられます。

きらり

へぇ~、こっちのプラグインも使い方は簡単だね!

結耶

うん。簡単だよ~。きらりもどちらかのプラグインを使って記事を公開したまま過去の記事を書き直ししたりしてねw

最後に

今回は私が以前使っていたプラグインを含めて2つのプラグインを紹介しました。

過去の記事を書き換えるときプラグインを使わずに下書き保存してしまうと記事が表示されなくなってしまいます。そうすると外部・内部リンクはリンク切れ状態になってしまいます。それではせっかく来てくれたユーザーさんは記事を見ることができません。

そんな事にならないためにもぜひ今回紹介したプラグインを使ってください。

結耶

記事を公開したままに出来れば安心してゆっくり記事を書くことができまよ。

きらり

ボクもおすすめのプラグインですw

スポンサーリンク

応援よろしくお願いします。
      ブログランキング・にほんブログ村へ

お問い合わせはこちら
この記事を書いた人
結耶(ゆうや)

2017年9月からブログを始め、2018年1月にWordPressに変更しました。知識ゼロのから始めた超初心者で、WordPressやHTML、CSSなど勉強したことを書いています。
愛知県在住。多発性硬化症(MS)という難病と闘っています。

登場キャラクター
きらり
きらり

ある日ひょっこり現れ住みついた居候(いそうろう)。今は結耶と一緒にWordPressやアフィリエイトのことを勉強している。
性別は♂ 。どこから来たかは不明。